スポンサーリンク

【ヨーロッパ旅行】イタリア : トリノ

Travel

トリノはイタリア北部にある主要都市です。イタリア第2の工業都市であり、フィアットなどの自動車工業の拠点であり、イタリア経済の中心でもあります。トリノは2006年のオリンピック開催地として、知られており、とても有名な都市です。さらにはサッカーチームであるユベントスFCがこのトリノを拠点としており、多数の有名選手がプレーしています。街には宮殿や城など多くの歴史的建造物があり、1997年に「サヴォイア王家の王宮群」として世界遺産に登録されています。

スポンサーリンク

場所

トリノはイタリアの北部に位置している町です。

歴史

トリノはローマ帝国の時代には多数の建築物がありました。トリノ市内は道路が碁盤の目のようになっており、これはローマ帝国時代の名残です。フランス貴族サヴォイア家が中世に居城を構え、1560年にサヴォイア家がトリノへ遷都したことで、貴族家の支配する王国の首都となりました。近代にはサルデーニャ王国の首都がおかれました。

気候

トリノは温暖湿潤気候に属しています。年を通して気温は-3℃~28℃を推移します。

言語

イタリアではイタリア語が使用されています。

治安

トリノはミラノやローマに比べるとスリやひったくりが少ない都市と言われており、比較的安全に過ごすことができます。

人種

イタリアではイタリア民族が多数派です。その他ではケルト系、ゲルマン系、フランス系が住んでいます。

産業

トリノは有名な自動車メーカーであるフィアットがあります。さらに航空産業の中心地でもあり、工業がとても盛んです。また、サッカーや観光業も栄えています。

宗教

イタリアのほとんどの人はキリスト教徒です。その他は無宗教です。

通貨

イタリアではユーロが使用されています。

観光スポット1 : Egyptian Museum of Turin

エジプトのカイロ博物館に次に大規模なエジプト美術コレクションを貯蔵しています。現在6500点ほどを展示しており、26000点が所蔵庫に保管されています。

観光スポット2 : Royal Palace of Turin

広大なカステッロ広場に面して建つ壮大な王宮でサヴォイア王家の当主が代々暮らしていた居城です。カステッロ広場にはトリノ王宮とマダマ宮殿が面しています。

観光スポット3 : Madama Palace

マリー=クリスティーヌの居城。現在は中世ピエモンテ地方の美術工芸や家具調度品を展示する博物館になっており、世界遺産(文化遺産)に登録されました。

観光スポット4 : Mole Antonelliana

トリノの象徴的な建築物の一つ。中には国立映画博物館を有し、世界で一番高い博物館と言われています。建築家アレッサンドロ・アントネッリの名前にちなんで名づけられました。

観光スポット5 : Consolata Cathedral

コンソラータ大聖堂は19世紀に建造されました。豪華なバロック様式で中央のクーポラも、 金の装飾とフレスコ画で飾リ尽くされています。

観光スポット6 : Royal Palace of Venaria

1659 年に建設したヴェナリア・レアーレ宮殿。サヴォイア家の栄華を肌で感じることができる場所です。この場所では随時展示会も行われています。

観光スポット7 : Juventus Stadium

セリエAに所属するユヴェントスFCのホームスタジアムでイタリア初のクラブ所有の独自スタジアムです。スタンドとの距離は非常に近くサッカーファンはとても楽しめるでしょう。

観光スポット8 : Basilica of Superga

1717年に建設されトリノの街を見守るように山の頂上にそびえ立つ教会 スペルガ大聖堂。現在は犠牲者を追悼する碑石が建てられています。

観光スポット9 : National Automobile Museum

フィアットを代表する自動車工業の拠点として知られるトリノにあるイタリアの本格的な自動車博物館。画期的な展示ディスプレイで自動車のデザインや歴史を学べます。

観光スポット10 : Stadio Olimpico Grande Torino

セリエAに所属するサッカーチームであるトリノFCの本拠地スタジアムです。週末になると多数のサッカーファンが集まります。

宿泊施設

トリノは宿泊施設が充実しています。トリノ空港が最寄にあります。航空券や宿泊施設は下記リンクから予約可能です。他の言語にも対応しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました