スポンサーリンク

南米絶滅危惧種動物 : コビトイルカ

Animal

コビトイルカ(Sotalia fluviatilis)は鯨偶蹄目ハクジラ亜目マイルカ科コビトイルカ属に属するイルカの動物。コビトイルカはアマゾンのイルカとして知られています。コビトイルカ属のとして認識されています。ブラジル南部にかけての大西洋沿岸および河口やアマゾン川、オリノコ川などの内陸河川にも住んでいます。コビトイルカはバンドウイルカの一種で、バンドウイルカと非常によく似ていますが、小さいです。 動物の口と足ひれの間に暗い縞模様が走っています。体長は沿岸性のもので約2.1m,河川性のもので約1.6mに達します。体重は約40kgあります。世界最小のイルカとして知られています。

スポンサーリンク

生息地

コビトイルカは南アメリカの北部から東部の河口、入り江などの浅瀬域に分布しています。ブラジルのアマゾン川全域にも生息しています。コビトイルカ(学名:Sotalia fluviatilis)は鯨偶蹄目ハクジラ亜目マイルカ科コビトイルカ属に属するイルカ。ウィキペディアや百科事典などでは小人海豚とも表記されます。人間と同じくらいの頭の良さを持ってる生物です。

特徴

体色は背部および体側が黒青色または茶灰色で,腹部は淡灰色あるいは白色です。腹部の体色が肛門付近から背びれが伸びています。さまざまな淡水魚や海水魚を捕食して、幅広い生息地を好みます。河川に棲む個体も、海棲の個体も、10頭から15頭程度の群を成して行動しています。非常に社会性の強い動物です。高速で泳ぎ、潜水時間は通常30秒。

生態

寿命は海棲の個体で30年程度といわれています。河川に生息する個体で35年程度です。密接に寄り添って団体で行動する性格で、イルカのなかで社会構造を形成していると言われています。河川性のものはおもに小群をなす魚類を捕食し,沿岸性のものは魚類やイカ類を広く捕食しています。妊娠期間は11〜12ヶ月と推定されています。

絶滅危惧種

近年,アマゾン川の開発によって水質汚染が進んでおり、個体数が減っています。海岸の近くにのみ棲息するために、金の採掘による水銀による川の汚染も懸念材料です。生息環境の破壊が懸念されており、この種の存続が危ぶまれているのです。コビトイルカは世界で最も絶滅の危機に瀕している動物の1つであり、先月の国際自然保護連合(IUCN)による「絶滅危惧種」への分類されています。 コビトイルカに限らず世界に残っているすべての川のイルカが今や公式に絶滅の危機に瀕していると言われていて、大きな窮地に立たされています。

飼育

生息数がとても減っているという点ととても大きな動物ですので、飼育は一般人がするのは不可能です。数頭のコビトイルカがヨーロッパの水族館で飼われています。水族館や動物園で観察するしかありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました