スポンサーリンク

東南アジア絶滅危惧種動物 : ホオジロテナガザル

Animal

ホオジロテナガザルは東南アジアに生息しているテナガザルのなかま。ホオジロテナガザルはラオス北西部やベトナム北部、中国南西部などに分布していて、丘陵地帯や山地に生息しているサルです。このサルは外敵に捕食されることがあり、さらには人間による土地開発や森林伐採などにより年々生息数が減っており、絶滅危惧種に指定されています。

スポンサーリンク

生息地

ホオジロテナガザルはラオスやベトナムなどに生息しています。

特徴

ホオジロテナガザルは全長40-60cm、体重5-6kg。地域はラオス、ベトナムなどで、東南アジアを中心に分布しています。腕は長く、尾は痕跡程度しかないです。全身が黒色で、頬には白い房毛があります。メスは全身が淡い黄褐色のような色合いで、頭頂には帽子を被ったように黒い毛があります。ホオジロテナガザルは頭頂部の毛がモヒカンのように立っています。ホオジロテナガザルは常緑や落葉林などで生活していて、ほとんどの時間を樹上で過ごし、地上へ降りてくるときは食料を探す時です。習性や食性などは他のテナガザルによく似ていて、昼間に活動しています。

生態

ホオジロテナガザルは果実や木の葉、木の芽などのほか、昆虫や小鳥の卵を食べて生活しています。繫殖形態は胎生。ホオジロテナガザルは一夫一婦で、妊娠期間は半年ほどあります。メスは1回につき1頭産むことができます。子どもは半年ほどで全身が黒っぽくなっていき、6~7年程で性成熟します。寿命は30年程度です。

絶滅危惧種

ホオジロテナガザルは外敵がおり、ヒョウやワシなどが天敵にあたります。しかしそれ以上の敵は人間です。人間による土地開発や森林伐採はテナガザルにとって最大の教になっており、生活地域にあたる森林が減っています。ホオジロテナガザルの生息数は激減していることから、国際自然保護連合によって現在絶滅危惧種に指定されています。東南アジアは現在世界で最も経済発展が著しいことから、環境破壊も進んでいます。

飼育

ホオジロテナガザルは生息数が激減していることから、一般人が飼育することはかなり難しいです。動物園で鑑賞するか、東南アジアまで行ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました