スポンサーリンク

北極絶滅危惧種動物 : シロイルカ

Animal

シロイルカは名前の通り、体色がとても白いイルカです。北極海、アラスカ、カナダ、ノルウェー、ロシアの極北、オホーツク海などに生息するこのイルカは体長が4mを超える大型の動物です。冷たい海域を泳ぐため、皮下脂肪は分厚く、多彩な鳴き声を発する動物です。そのことから「海のカナリア」とも呼ばれます。近年は徐々に生息数が減ってきており、絶滅危惧種に指定されています。海洋や河川の汚染などによる生息環境の悪化が原因と言われています。

スポンサーリンク

生息地

シロイルカは北極海、アラスカ、カナダ、ノルウェー、ロシアの極北、オホーツク海に生息しています。

特徴

シロイルカは体長3-5m、体重700-1500kgになります。体は円筒形のような感じで長く、頭部は比較的小さくて丸く、目も小さいのが特徴です。体色は白く、クジラ類の中では唯一完全に白い体色をしています。シロイルカの特徴は自由に動かすことのできる首をもっていることで、頸椎は7個あるが互いに融合していないので、首は上下左右に90℃動かすことができます。他のイルカ類やシャチのように水面から飛び出し、ジャンプするようなことはできません。このイルカは社会性のある動物で、10頭程度の群れを形成して生活しています。海氷の進退に合わせて移動する季節回遊を行い、冬の間は海氷が成長する方向に従って南下します。シロイルカは知能も高く、遊びも好きなイルカです。人間のボートの近くにも寄ってくることがあります。外敵はホッキョクグマやシャチです。

生態

シロイルカはヒラメやカレイ、サケやタラなどの魚類、甲殻類やアサリなどの貝類を食べて生活しています。シロイルカは大きくて鋭い歯をもっていないこともあり、獲物は丸吞みされます。繫殖形態は胎生で2月~4月にかけて繁殖を行います。妊娠期間は1年ほど、1回につき1頭産むことができます。生まれたばかりの子どもは体重は80kg、体長は150cm。授乳期間は1年半から2年。メスで4~7年、オスは7~9程で性成熟します。寿命は野生だと25~30年。

絶滅危惧種

シロイルカは分布している地域が広いため、今すぐ絶滅する恐れはありません。しかし捕鯨により、生息数は減少しています。北極圏全体で年あたり2500頭が狩猟されています。石油・天然ガス採掘による船舶の増加や水質汚染によって生活環境が悪化しており、生息数は減少しています。1979年にワシントン条約附属書IIに掲載されています。地域によっては絶滅の可能性も示唆されているイルカです。

飼育

シロイルカは人間よりも大きな動物であることから、一般人が飼育することはかなり難しいです。北極圏まで行ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました