スポンサーリンク

【アフリカ旅行】ナミビア : ウィントフック 首都のトラベル おすすめ観光スポット

Travel

ウィントフックはナミビアの首都であり、かつてドイツの植民地でもありました。アフリカとはいえヨーロッパ風の建物が多く、とても綺麗な建物が並んでいます。人口300000人の都市で、国土に広がる広大な砂漠が最大の特徴と言えるでしょう。自然が最大の見どころであることから、自然保護区や博物館があり、アフリカならではの固有種の動物を観察することもできます。そのため、世界各地から訪れる旅行客が多い都市です。

スポンサーリンク

場所

ウィントフックはナミビアの中心部に位置する都市です。美しいナミブ砂漠やエトーシャ国立公園が有名ですが、ツアーなどもよく企画されており、料理、ホテル、サファリ、自然スポットなど見どころは多いです。現在首都周辺の治安は安全と言えるでしょう。

歴史

ナミビアにはもともとコイサン人が住んでいました。しかし14世紀ごろからはバントゥー人による支配が続いていました。1800年代にイギリスがこの一帯を支配するようになりますが、ナミビアに関してはドイツにより占領されました。第1次世界大戦後、この地域は南アフリカの委任統治が続いていたものの、ナミビア独立戦争が勃発し、1990年に独立を果たしました。

気候

ナミビア全土が乾燥地帯に属しています。ほとんどが砂漠気候です。年を通して、気温は 8°C~31°Cを推移します。

言語

ナミビアは英語が公用語です。

治安

ナミビアの治安は他のアフリカ諸国と比べると治安は良いです。しかしウィントフック付近は全体的に治安が悪いので注意しましょう。

人種

黒人が80%を超えています。その他は白人が6%、混血人が6%程度います。

産業

ナミビアの主要産業は鉱物資源です。ダイヤモンドがたくさん採掘されます。ナミビアは牧畜も盛んです。

宗教

ナミビアではキリスト教徒が90%を占めています。

観光スポット1 : Christuskirche

ナミビアがドイツの植民地だった頃に建てられたドイツ式の建造物です。ウィントフックの街のシンボルとなっている建物で、福音派教会です。

観光スポット2 : Katutura TownsNamibia Craft Centre

宝石やアクセサリー、現地の装飾品などたくさんのナミビアの伝統工芸品を見ることができます。お土産を買うこともできます。

観光スポット3 : National Museum of Namibia ACRE

ナミビア国立博物館はナミビアの歴史について深く学ぶことができます。植民地支配を受けているときの展示物などもあります。レストランもあります。

観光スポット4 : Okapuka Ranch

自然を満喫できる場所です。レストランやバー、宿泊施設もあり、多岐にわたって楽しめる場所です。野生の動物と一緒に遊べる場所で乗馬コースもあります。

観光スポット5 : NamibRand Nature Reserve

ナミブランド自然保護区は世界最古の砂漠と言われています。赤い砂が特徴の砂漠でウィントフックからは100km以上離れている場所です。

宿泊施設

ウィントフックの宿泊施設は充実しています。ウィンドフック・ホセア・クタコ国際空港が最寄にあります。航空券や宿泊施設は下記リンクから予約が可能です。他の言語にも対応しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました