スポンサーリンク

【ヨーロッパ旅行】ウクライナ : ザポリージャ

Travel

ザポリージャはウクライナ南部にある主要都市。ザポリージャ州の州庁所在地でもあり、歴史ではアレクサンドロフスクとも呼ばれていました。ザポリージャは2022年のロシアからの一方的な攻撃で、一部ロシア軍に占領され、今も戦時体制になっています。ザポリージャ原子力発電所があり、ヨーロッパ最大の原子力発電所です。

スポンサーリンク

場所

ザポリージャはウクライナの南部に位置しています。

歴史

ザポリージャには紀元前7世紀頃にはスキタイ人が住んでいたと言われています。其のあとはヨーロッパの民族大移動時代を迎え、ゴート人が占領していた時代もありますが、再度遊牧民族が支配をしていました。近代になるとロシア帝国が進出し、この地に要塞を築き、アレクサンドロフスク市が誕生しました。1991年のソ連崩壊によってウクライナは独立しましたが、2022年にロシアによるウクライナ侵攻が起こっており、ザポリージャはロシア軍の侵略を受けています。

気候

ザポリージャの気候は大陸性気候で、夏は暖かいですが冬はとても寒いです。年を通して気温は‐5℃~25℃を推移します。

言語

ウクライナではウクライナ語が使用されています。その他にもロシア語、タタール語、ハンガリー語なども使用されています。

治安

ザポリージャは2022年現在ロシアとウクライナの係争地域になっており、激しい戦闘が続いています。治安はとても悪いため、注意が必要です。

産業

ザポリージャはヨーロッパでもっとも有名な原子力発電所があり、これはヨーロッパ最大級の発電所です。さらには工業も発展しており、製鉄所がとても有名です。

人種

ウクライナではウクライナ人が80%を占めています。その他ではロシア人、タタール人、モルドヴァ人などが住んでいます。

宗教

ウクライナ人はキリスト教を信仰する傾向にありますが、無神論者も大勢います。

通貨

ウクライナではフリヴニャが使用されています。

観光スポット1 : Khortitsa National Nature Reserve

ザポリージャにある広大な敷地の国立自然保護区です。保護区内には多くの文化的、歴史的遺産があり、多くの見どころがあります。野生動物たちも住んでいます。

観光スポット2 : Faeton Retro Cars Museum

古い車が多数置いてある博物館です。車が大好きな人には必見の観光スポットです。非常に面白い形をした車が多数あります。

観光スポット3 : The Historical and Cultural Complex Zaporizhian Sich

コサックの歴史、生活、武器について知ることができる文化施設です。ショーなども行われており、コサックの生活を体現しており、当時の生活ぶりがよくわかります。

観光スポット4 : Zaporizhzhya City Children Botanic Gardens

ザポリージャにある植物園です。見学可能ですが、ベビーカーでの子連れは厳しいかもしれません。会談が多いため、歩行に苦労します。散歩にとても合っている植物園です。

観光スポット5 : Dnieper Hydroelectric Station

水力発電ダムは1932年に建設されました。第二次世界大戦で部分的な破壊を免れ、現在も稼働しています。ザポリージャの代表的な施設の一つです。

宿泊施設

ザポリージャは宿泊施設が充実しています。ザポリージャ国際空港が最寄にあります。航空券や宿泊施設は下記リンクから予約可能です。他の言語にも対応しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました