Animal Attraction

スポンサーリンク
Animal Attraction

【動物観光旅行:ペンギンの島】オーストラリア : パース ペンギンアイランド コガタペンギン

オーストラリアの西岸にあるペンギン島にはコガタペンギンが保護された場所があり、多数の旅行客が訪問しています。コガタペンギンはオーストラリアやニュージーランドに生息する世界で最も小さなペンギン。島は冬の間はペンギンの繁殖のために閉鎖されていますが、それ以外の時期は常にかわいいペンギンたちを鑑賞することができるのです。
Animal Attraction

【動物観光旅行:ペンギンの町】ニュージーランド : オアマル コガタペンギンのコロニー

オアマルはニュージーランド南部にある小さな町です。クライストチャーチから南へ3、4時間車を走らせるとこのオアマルという町があり、金鉱が見つかったことから、この地域でゴールドラッシュが起こり、急激に発展を遂げた街です。この町ではコガタペンギンのコロニーがあり、年中多数の旅行客がやってくることで有名です。
Animal Attraction

【動物観光旅行:ペンギンの島】オーストラリア : フィリップ島 コガタペンギンパレード

オーストラリアのメルボルンから南へ行くと、小さな島があります。その島は絶滅危惧種であるコガタペンギンたちがたくさん住んでいるのです。フィリップ島は世界で一番小さいと言われる野生のリトルペンギン達の聖地であり、年中たくさんの人がこの島を訪れています。かわいいペンギンたちの行進「ペンギンパレード」はとても好評です。
Animal Attraction

【動物観光旅行:猫の島】エジプト : ダハブ

ダハブはエジプト東部にある有名なリゾート地であり、毎年多くの観光客が訪れることで知られています。多くの中東人やアフリカ人がこの地を訪れていますが、それ以外にも見どころがあります。それは猫が大量にこの地に住んでいるということです。ダハブは本当に猫ばっかりでカフェやレストランで食べていると、猫もやってきます。
Animal Attraction

【動物観光旅行:猫の島】ギリシャ : サントリーニ島

エーゲ海のキクラデス諸島南部に位置するギリシャの島、サントリーニ島。白壁の家々が密集する景観で知られている有名な観光スポットで、ヨーロッパを中心に多数の旅行客がやってくる島です。しかしこの島の見どころはそれだけではないのです。この島は5000匹にも及ぶ猫達が住んでおり、サントリーニ島は猫島としても知られており、動物観光スポットの一つにもなっています。
Animal Attraction

【動物観光旅行:猫の町】モンテネグロ : コトル

コトルはモンテネグロの世界遺産の街。コトル旧市街は中世を再現するかのような美しい街並みが広がっており、観光地としてとても人気があります。しかしこの町はもう一つの顔を持っています。この町には多数の猫が住んでおり、至る所でネコが寛いでいる猫の町としても知られているのです。
Animal Attraction

【動物観光旅行:猫の島】日本の猫島一覧

日本は世界でもトップレベルの猫観光地として知られています。その理由は猫島スポットの多さです。北は田代島から、南は竹富島まで、猫島と呼ばれる島はたくさんあることを知らない人は多いですが、猫スポットの多さに驚く人も多いでしょう。アメリカのメディアであるCNNは世界6大猫スポットを発表しておりその中で日本は2つが選出されているのです。
Animal Attraction

【動物観光旅行:猫の町】イタリア:ローマ トッレ・アルジェンティーナ広場と猫シェルター

トッレ・アルジェンティーナ広場はイタリアにある古代ローマの遺跡です。トッレ・アルジェンティーナ広場は共和制ローマ時代の神殿が4つもあったという聖なる場所で、巨大なポンペイウス劇場の一部もこの地にありました。観光客が多数訪れる歴史遺産が見れる街で、猫も多数生息していることから猫スポットしても知られています。ここでは猫シェルターがあり、猫の楽園が広がっています。
Animal Attraction

【動物観光旅行:猫の島】日本 : 香川県高松市女木島

女木島は香川県にある猫観光スポットの一つで、男木島や佐柳島と並ぶ有名な動物観光スポットです。男木島からフェリーで女木島へ移動が可能で、とても距離が近い場所にあります。この島は住民がわずか150人前後ですが、猫の数はその半分にも及ぶと言われています。
Animal Attraction

【動物観光旅行 : 猫の島】ヨーロッパ : マルタ 猫観光スポット

マルタはヨーロッパ最大級の猫観光スポット。マルタ島はイタリアのシチリア島の南に浮かぶ小さな島です。マルタ島では猫が70万匹程度いるとされており、まるで島自体が猫カフェのようになっているのです。しかしここで注意なのはマルタ島全域でどこでも猫があふれているというわけでもありません。特定の場所に集中しています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました