Animal

スポンサーリンク
Animal

絶滅危惧種動物 : マイルカ

マイルカはクジラ目ハクジラ亜目マイルカ科に属しているイルカ。マイルカはマイルカとハセイルカの2つの種類で構成されています。マイルカ属のイルカは、世界中の温帯から熱帯の海域を好んで生息しています。このイルカは世界中で見ることができるイルカですが、実は絶滅危惧種に指定されているイルカです。
Animal

インド洋絶滅危惧種動物 : キタイワトビペンギン

キタイワトビペンギンはイワトビペンギンの亜種。イワトビペンギンはミナミイワトビペンギン、ヒガシイワトビペンギン、キタイワトビペンギンという亜種がいます。キタイワトビペンギンが遺伝的にも形質的にも他の2種とは違うことが分かっています。このイワトビペンギンの内、キタイワトビペンギンとミナミイワトビペンギンは絶滅危惧種に指定されています。
Animal

南米絶滅危惧種動物 : キボウシインコ

キボウシインコは南米に生息するインコの仲間。オランダのボネール島やベネズエラなどに生息しており、生息地は限定的であるため、あまり知られていないインコです。キボウシインコは大型鳥ですので、飼育する場合は注意が必要です。キボウシインコは生息数が減っていることが分かっており、準絶滅危惧種に指定されています。今後次第では絶滅の可能性があるのです。
Animal

日本絶滅危惧種動物 : ライチョウ

ライチョウはユーラシアから北アメリカに至る地域まで広く分布している鳥です。ライチョウの仲間では最も寒い気候に順応できる鳥とも言われています。この鳥は生息地域がとても広いのですが、地域で見ると、絶滅しそうなところがあります。日本では中部地域を中心にこの鳥が絶滅危惧種に指定されているという実態があります。さらに一部ではすでに絶滅が確認されているのです。
Animal

東アジア絶滅危惧種動物 : クサガメ

クサガメは中国や日本、台湾に生息しているカメの仲間。クサガメは爬虫綱カメ目イシガメ科イシガメ属に分類されるカメで東アジアではとても有名です。クサガメは甲羅長が30㎝程度しかないため、人間でも飼育がしやすいと言われているカメですが、実は絶滅危惧種であることを知らない人は多いです。このカメは人間によって、絶滅の危機にあります。保護活動が必要とされているカメなのです。
Animal

ネパール絶滅危惧種動物 : ヒマラヤタール

ヒマラヤタールは名前の通りヒマラヤ山脈付近に生息しているウシ科の動物です。もともとはヒマラヤ山脈付近に生息していた動物ですが、現在はアメリカやニュージーランド、南アフリカにも導入されています。ヒマラヤタールは近年生息数が徐々に減っていることが分かっており、インドやネパールでは準絶滅危惧種に指定されている動物なのです。
Animal

ニュージーランド絶滅危惧種動物 : セッパリイルカ

セッパリイルカはイルカ属の中でも最も知名度の低い無名なイルカとして知られています。その理由はこのイルカがニュージーランドでしか生息していないからです。また別名を持っておりウェリントンにある博物館の学芸員ジェームス・ヘクターの名前をとって、「ヘクターズイルカ」とも呼ばれています。セッパリイルカは絶滅の危機にあるイルカの仲間で、早急な保護を必要としているのです。
Animal

【ウクライナ侵攻と動物保護】戦争からの動物救助とボランティア団体

2022年ロシアのプーチンの狂乱によりウクライナ侵攻が始まってしまいました。ロシアはウクライナを攻めあぐねることで、民間人への攻撃やインフラへの攻撃も始めており、世界中から非難されています。そして戦場と化したウクライナでは多数の動物達もロシア人によって殺されてしまっているのです。そんなウクライナでは、どのようにして動物達を救助しているのでしょうか。
Animal

日本絶滅危惧種動物 : オオトラツグミ

オオトラツグミは日本の鹿児島県奄美大島でのみ繁殖するツグミ科のトリのなかま。トラツグミの中では最も体が大きい鳥です。現在では奄美と加計呂麻諸島の固有種とされ、この鳥は日本固有種として知られています。オオトラツグミは森林伐採が原因で生息できる地域が減っており、絶滅危惧種に指定されています。日本では保護活動が行われており、この鳥の個体数は徐々に回復し始めている段階にあります。
Animal

セーシェル絶滅危惧種動物 : アルダブラゾウガメ

アルダブラゾウガメはセーシェル固有種のカメです。とても巨大なカメで、寿命は200年前後と言われている長寿の動物。255年生きたという記録があり、人間よりも遥かに長く生きることができます。爬虫綱カメ目リクガメ科アルダブラゾウガメ属に分類されるカメで、このカメは近年モーリシャスやタンザニアなどに導入もされています。しかしこのカメは絶滅危惧種であり、個体数は減り続けているのです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました