Animal

スポンサーリンク
Animal

中米絶滅危惧種動物:ヒワコンゴウインコ

ヒワコンゴウインコと言う鳥はニカラグアや西コロンビアなど中央アメリカに生息している絶滅危惧種のインコです。このインコはコンゴウインコの亜種に当たります。中米と言うと、熱帯地域をイメージすることが多いと思いますが、このコンゴウインコも熱帯地域が大好きで、森林地帯に生息していることが多いです。
Animal

日本絶滅危惧種動物:クロツラヘラサギ

クロツラヘラサギは鳥綱ペリカン目トキ科ヘラサギ属に分類される鳥です。この鳥は主にアジア圏でしか見ることができません。全世界に約1600羽しかいないかなり稀有な鳥であり、同時に絶滅危惧種にもなってしまっています。この鳥は特に近年に生息数が減っているため、早急な保護を要する鳥と言われています。
Animal

【世界の動物:シマエナガ】日本の北海道に住む鳥 雪の妖精

シマエナガと言う鳥はしっていますか?エナガの亜種に当たるシマエナガですが、「シマ」とは日本にある島、つまり北海道と言う意味です。シマエナガの生息地は、日本では北海道だけ。さらに外見が真っ白でまんまるなフォルムにつぶらな瞳であるため、人々はこの鳥を雪の妖精と呼んでいるのです。
Animal

【世界の動物:ミニブタ】特徴と生態 愛玩ペット

ミニブタは愛玩動物として品種改良された豚のことです。家畜用のブタとは違い、小型のものをミニブタと呼んでることが多いです。成長した時の体重がおよそ100kg以下のブタの仲間がミニブタと呼ばれています。ミニブタといっても体重はかなりばらつきがあります。
Animal

【動物の謎】シマウマはなぜ模様があるのか?

シマウマはアフリカをメインに生息している縞模様のある馬です。シマウマは3つの系統があり、ぐれびーシマウマ、サバンナシマウマ、ヤマシマウマがいるのです。どのシマウマも差異はあれど、縞模様があるのはなぜなのでしょうか。そしてこの縞模様はシマウマたちにどのような恩恵があるのでしょうか。
Animal

【世界の動物:ビーバー】生態と特徴 絶滅危惧種?    ビーバーと人間の歴史

ビーバーは北アメリカとヨーロッパに生息しているとても有名な動物。しかし実はビーバーはかつて絶滅危惧種であったことを知らない人はとても多くいるのです。それはいったいなぜなのでしょうか?そしてそもそもの話になりますが、なぜビーバーは絶滅危惧種になっていたのでしょうか?それを記事にしています。
Animal

【世界の動物:ゴーンジャ】タイの猫 種類と特徴

コラット、カオマニー、サイアミーズなどタイには色々な猫がいることが知られていますが、ゴーンジャはあまり知られていません。タイに住む黒い猫で、ゴーンジャは、とても高貴な風貌をしており、黄金の目をしていることで知られています。黄金の目をしていることからこの猫は幸運をもたらす猫として知られています。
Animal

【世界の動物:ウシ】起源と歴史 生態と特徴

ウシは今や人間の家畜として、有名な動物となっています。人類史においてとても大きな役割を果たすウシは、西アジアやインドなどで飼育され始めたと言われています。ウシは人間にとってとても大きな役割を果たすことからとても重宝され、今も家畜動物として有名です。ウシはいつ頃人間によって家畜化されたのでしょうか。
Animal

【世界の動物:ヒツジ】起源と歴史 生態と特徴

ヒツジは誰でも知っている動物です。それもそのはずでヒツジは家畜として飼育されているため人間社会に深く浸透しているからなのです。しかしこのヒツジはいったいどこで生まれたのでしょうか。そしてどうして人間社会にここまで深く浸透していったのでしょうか。その謎について追ってみたいと思います。
Animal

【世界の動物:シェトランドポニー】イギリスの馬 歴史と生態、特徴

シェトランドポニーはイギリス原産の小型サイズの馬です。世界でも最小レベルの馬の1つと言われていて、この馬は子ども用の乗馬や、ショーなどで使われているため、恐らく見たころがある人も多いでしょう。シェトランドポニーは人間にも懐いてくれる上に比較的穏やかな性格であるため、人間社会に深く浸透しています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました