Travel

スポンサーリンク
Animal Attraction

【国内旅行と外国旅行】2023年のお勧め観光地とトレンド予測 お勧めしない地域と治安

2023年は世界中でまだウィルスが完全収束できず、自粛ムードがまだ漂う状態になりそうです。そんななかで、世界中で戦争も起こっており、旅行先の地域に関しては慎重に検討しなければなりません。新たに戦争が起こる可能性もあるからです。2023年にブームになりそうな観光地を予測してみました。
Travel

【旅行と宿泊施設】旅行計画の立て方 移動手段、ホテル、目的、行き先の決め方

旅行計画というのは最も重要なポイントです。旅行の計画が狂ってしまうと、宿泊施設が見つからなくなってしまったり、自分の予定が狂ってしまったりして、色々面倒なことが起こってしまいます。行き当たりばったりの旅行も楽しいですが、計画を立てておいた方が費用を抑えられることが多く、楽しめると思います。
Travel

【南米旅行】ガイアナ : ジョージタウン

ジョージタウンはガイアナの首都に当たります。南米大陸の北東部に位置し、ブラジルとベネズエラ、スリナムに囲まれた国ガイアナは南米で唯一英語が公用語の国です。これは以前、イギリスの影響を強く受けていたことが挙げられます。ジョージタウンには、木造建築の美しい大聖堂や活気のあるマーケットなどが見どころです。
Travel

【カリブ海旅行】アンティグア・バーブーダ : セントジョンズ

アンティグア・バーブーダはカリブ海に浮かぶ、アンティグア島とバーブーダ島の2つの主な島から成り立っています。元々はイギリスの支配を長年にわたって受けていましたが、1981年に独立しています。アンティグア島の方には観光スポットがたくさんあり、自然スポットが充実しています。毎年多数の旅行客が訪れます。
Travel

【カリブ海旅行】イギリス : アンギラ バレー

アンギラはイギリス領の小さな島で、人口も少ない場所でありながら観光スポットとして有名です。イギリス植民地時代の建物が多数残されており、人気のリゾートも多く点在しています。またそれだけでなく、美しいビーチが広がっており、年中暖かい気候もあり、とても多くの観光客が訪れる場所でもあります。
Travel

【カリブ海旅行】セントクリストファー・ネイビス : バセテール

セントクリストファー・ネイビスとはカリブ海に浮かぶ小さな島。カリブ海の2つの島、セントクリストファー島とネイビス島からなる島国で自然にも恵まれ、ビーチや温泉、世界遺産まである観光名所です。イギリス連邦加盟国で北・中・南アメリカの中で一番小さな国で、独立も一番新しい若い国です。イギリス風の街並みが広がっています。
Travel

【カリブ海旅行】オランダ : キュラソー ウィレムスタット

カリブ海に浮かぶオランダ領の島であるキュラソーは南米にも近く、ベネズエラからすぐそばにある場所です。一年中温暖な気候の南国リゾート地できれいなビーチがたくさんあることが魅力です。首都のウィレムスタットの美しい街並みは、世界遺産も登録されています。色鮮やかな街並みはとても人気のある場所です。
Travel

【カリブ海旅行】ハイチ : ポルトープランス

ポルトープランスはハイチの首都です。この都市の名前はフランス語で「王子の港」を意味しています。この都市はハイチ経済における中枢の役割を担っており、近年首都への人口集中が続いています。ハイチ人口の4分の1がこの都市に住んでいると言われており、今後も人口流入が続いていくものと思われます。
Travel

【カリブ海旅行】フランス/オランダ : セント・マーチン島 マリゴ フィリップスブルフ

セント・マーチン島はカリブ海にある島ですが、フランスとオランダに統治されている島です。北側がフランス領のサン・マルタン、南側がオランダ領のシント・マールテンと呼ばれています。セントマーチンは完全に免税なので、リタイア生活を目的にした移住者もいる島です。2つの文化を同時に体験できる島です。
Travel

【カリブ海旅行】キューバ : バラデロ

バラデロはキューバで最も有名なリゾート地です。キューバ有数の観光地であり、ビーチ沿いにはリゾートホテルが建ち並んでいて、カリブ海を楽しむためのロケーションが整えられています。バラデロを訪れる観光客はヨーロッパやカナダ、メキシコの人がほとんどです。スペイン統治時代のクラシックな街並みを楽しんでみてください。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました