カメ

スポンサーリンク
Pet

【日本:カメ飼育】ペット飼育が可能な賃貸住宅と飼育環境の注意点、退去費用、引っ越し費用

カメは一般的に言えば、飼育しやすい動物の一つです。これは他の動物のように鳴き声もないですし、運動量が多すぎて、物音もそれほど立てることもありません。しかし寿命に関しては気にするべき点です。カメは大型のものになると100年以上生きることは普通にあるからです。種によっては200年近く生きる者もいます。
Animal

日本絶滅危惧種動物 : セマルハコガメ

セマルハコガメは日本、中国、台湾などに生息しているカメで、小型のとてもかわいいカメです。体長は20㎝弱しかないため、とても小さく見えます。セマルハコガメはヤエヤマセマルハコガメとチュウゴクセマルハコガメがおり、それぞれ東アジア各地に住んでいます。セマルハコガメは日本に住んでいるものが絶滅の危機にあり、絶滅危惧種に指定されています。さらにはワシントン条約附属書にも掲載されており、輸出に制限がかかっています。
Animal

アフリカ絶滅危惧種動物 : ケヅメリクガメ

ケヅメリクガメアフリカの生息する巨大なカメです。リクガメの中ではもっとも体が大きいカメで、甲長が最大で80cmを超えており、一般人が飼育するには全く向いていません。ケヅメリクガメはセネガルからモーリタニア、マリ、ブルキナ・ファソ、ニジェールなどを経て、チャド、スーダン、エチオピア、エリトリアなどに生息していますが、近年生息数が徐々に減ってきています。
Animal

アメリカ絶滅危惧種動物 : カロリナハコガメ

カロリナハコガメはアメリカに生息するカメの仲間。アメリカハコガメと呼ぶことが多いですが、アメリカ合衆国の東部や南部、メキシコなどに分布しています。最大寿命は80年を超えると言われており、人間よりも生きる傾向にあるカメと言えます。
Animal

アジア絶滅危惧種動物 : バタグールガメ

バタグールガメはイシガメのなかまでインドを中心にバングラデシュ、インドネシア、カンボジアなどに生息しています。このカメはイシガメ科バタグールガメ属に分類されており、甲長が80㎝ほどになる大きめのカメです。
Animal

東アフリカ絶滅危惧種動物 : パンケーキリクガメ

パンケーキリクガメはケニアやタンザニアに生息しているカメの仲間。パンケーキリクガメは平らな薄い甲羅とあまり大きくならないので、ペットとしてとても飼いやすく人気のあるカメです。パンケーキリクガメはパンケーキのように薄い甲羅が特徴で、甲羅を膨らませることができます。
Animal

オセアニア絶滅危惧種動物 : スッポンモドキ

スッポンモドキはインドネシアからオーストラリアに分布するカメの仲間。本種だけでスッポンモドキ科を形成してます。スッポンモドキはブタバナガメとも呼ばれる水生のカメで、名前にスッポンとは付きますがスッポンとは異なる種類です。スッポンモドキは生息地の破壊、水質汚染、さらに乱獲が問題になっており、生息数が激減しております。現在この動物は絶滅危惧種に指定されています。
Animal

ミャンマー絶滅危惧種動物 : ビルマホシガメ

ビルマホシガメはミャンマー固有種のカメです。このカメは爬虫綱カメ目リクガメ科リクガメ属に分類されるカメでミャンマーの中部と西部にのみ生息しています。ビルマホシガメはペットとして飼育されることもあり、人気がありましたが、乱獲によって生息数が激減してきているのです。
Animal

南米絶滅危惧種動物 : キアシガメ

キアシガメは南米大陸に生息するカメの仲間。このカメはリクガメ科ナンベイリクガメ属に分類されるカメでボリビアからブラジルにかけて分布しています。南米最大のリクガメで、アカアシガメと近縁の動物です。ペットとして飼育されることもありますが、実はこのカメは絶滅危惧種に指定されています。過度な乱獲と自然破壊が原因で、生息数が減ってきていることが分かっています。
Animal

マダガスカル絶滅危惧種動物 : ホウシャガメ

ホウシャガメはマダガスカル島南部に分布しているリクガメ。別名をマダガスカルホシガメ、オオホシガメなどとも言われています。背甲には放射状の濃黄色の線模様があり、特徴的なカメです。ホウシャガメはホシガメと似ているのですが別種として認識されています。
スポンサーリンク