動物

スポンサーリンク
Animal

マダガスカル絶滅危惧種動物 : マダガスカルジャコウネコ

マダガスカルジャコウネコは猫の仲間ではありません。彼らはマングース科の動物であり、別名ファナロカとも呼ばれています。彼らはマダガスカルの固有種の動物であり、マダガスカルの東部地域でしか見ることができません。それがゆえに絶滅危惧種にも指定されており、絶滅の可能性がある動物の一つです。
Animal

【世界の動物:アヒル】起源と歴史 生態と特徴

アヒルは現在の世界各地で飼育されているカモ科の鳥類です。生物学的にはマガモと同種であり、品種改良も行われていることから、多数の種類がいます。現在では家畜としても飼育されており、家畜化の時期はニワトリよりも新しいとも言われています。アヒルの歴史は何千年にも及ぶため、かなり長い歴史を持っています。
Animal

アメリカ絶滅危惧種動物 : ユタプレーリードッグ 生態と特徴

プレーリードッグにはいくつかの亜種が存在しますが、その中でもユタプレーリードッグはアメリカのユタ州にしかいない亜種であり、かなり生息数が限定されています。北アメリカ中部の草原に穴を掘って巣穴をつくり、群れで生活するこの動物は絶滅危惧種に指定されています。プレーリードッグのなかでももっとも絶滅の可能性が高いと言われています。
Animal

【世界の動物:南米のラクダ】リャマ 生態と特徴 絶滅危惧種? アルパカとの違い

リャマは南米大陸の有名なラクダです。リャマはコブを持たないラクダと言われており、アンデス山脈の人々の家畜として飼育されている動物です。 リャマは運搬手段としてだけでなく、人間社会にかなりの貢献をすることから、重宝され、生息数も増えています。今では南米の人々にとって大切な動物なのです。
Animal

【世界の動物 : 南米のラクダ】グアナコ 特徴と生態 絶滅危惧種? リャマとの違い

グアナコは南米地域に生息しているラクダです。主にアルゼンチンなどにおいて高地で生息をしており、もふもふの体毛が特徴の動物で、顔もとても優しそうです。グアナコは南米地域でもとても有名なラクダでほとんどの人が知っています。グアナコはインカ帝国の時代には荷物を運ぶ役目をしていました。
Animal

【世界の動物:オーストラリアの鳥】エミュー 特徴と生態 絶滅危惧種? ダチョウとの違い

エミューはオーストラリアだけに生息している飛べない鳥です。羽を持っているのですが、飛行能力は持っていません。この鳥は普段は二足歩行を行っており、オーストラリアの非公式な国鳥でもあります。エミューはダチョウとよく間違えられてしまうのですが、違う生き物です。どのような違いがあるのでしょうか。
Animal

【世界の動物 : 北米】アライグマ 生態と特徴 絶滅危惧種?

アライグマは哺乳綱食肉目アライグマ科アライグマ属に分類される哺乳類です。この動物はアメリカを筆頭に、カナダやメキシコに生息しています。見かけはとてもかわいらしいのですが、実際の野生のアライグマは可愛らしいイメージとかけ離れています。とても獰猛で、農作物を食い荒らすことから害獣としても知られています。
Animal

【世界の動物:アフリカ】ツチブタ 生態と特徴 絶滅危惧種?

ツチブタは管歯目ツチブタ科に属する動物で、この分類に属する動物は世界中を探しても他にはいません。この動物はアフリカでもかなり広範囲に生息している動物で、現生哺乳類で1目1科1属1種なのはツチブタのみ。ツチブタはあまり有名な動物とは言い難いのですが、世界各地の動物園で見ることができます。
Animal

【猫の祖先にあたる動物】プロアイルルスとは? 最初のネコ科動物 猫の歴史

猫の一番古い先祖だとされているミアキスを知っている人は多くいるかもしれません。しかしネコ科の最初の動物と言われているプロアイルルスはあまり知られていません。彼らはおよそ2500万年前に生息していた小柄な生物です。彼らはネコ科動物の基盤となった動物であり、サイズも現代の猫とかなり近いレベルにあります。
Animal

北極絶滅種動物 : オオウミガラス ペンギンはなぜ北極にいないのか 理由と歴史

ペンギンと言えば、南極をイメージする人は多いでしょうが、北極をイメージする人はいません。なぜなら北極にはペンギンはいないからです。正確に言えば、北極のペンギンは絶滅したためにいなくなりました。しかし北極のペンギンたちはなぜ絶滅してしまったのでしょうか。これには人間が大きく関与していることが分かっています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました